節約術を始めるなら食費の見直しから見てみよう

節約術の中で誰もが一度は挑戦したことがあるというのが食費を見直すということではないでしょうか。様々な節約術がありますが、その中でもチャレンジしやすいといってもいいでしょう。食費を見直す際には、現在の状況をまずは把握しましょう。

現在の食費を把握するところから始める

現在の自分の家計の中で食費は多いのか、それとも少ないのか、それを把握するところから始めましょう。一人暮らしで自炊をしていたらこれくらい、家族4人ならこれくらいといったように、何人で生活をしているのかそれによっても食費は随分違ってきます。

食費は節約のなかでも一番挑戦しやすくて、しかも誰もが一度はやったことがあると言える方法です。

これまでに家計簿を付けていた人がいたら家計簿を確認すると、毎月の食費がどれくらいかかっているのか把握することができます。それが家計を占める割合的に多いのか、それとも少ないのか、それもわかってくるのではないでしょうか。

きちんと把握した上で食費の見直しをすることは毎月家庭によっては、数千円から数万円単位で節約が実現できることもあるといいます。食費を見直す方法はいろいろあります。

買い物をする際に節約を実行する

食費を減らそうと思ったら買い物する時点からスタートしています。買い物に行く前には必ずスーパーのチラシを確認していくということは大事なことです。

家庭に出す食事は全て広告の品で作っているという家庭はそうではない家庭と比べるとかなり食費が安くなっているからです。セールの日とセールの品を必ず確認しておくことが大事でしょう。

何度も買い物に行くのが面倒だという人が、ついでにセール品以外のものも購入することがあると思いますが、できればセール対象品のみにしたほうがいいでしょう。

買い物をする際に日ごろから工夫を取り入れておくだけで、既に食費を減らすことにもつながります。何か大掛かりに節約レシピを見ながら料理をしなければいけないばかりではないのです。こうした買い物の時の工夫が日々の蓄積になり食費の節約につながります。

自炊をして極力購入を避ける

毎日の食事の中で、例えばお昼はこれまではコンビニ、外食をしていたという人は、簡単に節約させようと思ったら自炊に切り替えればいいのです。食費が増えている原因に外食やコンビニがあるとすればそれを改善させるのが一番早い方法です。コンビニ、外食を一度やめて自炊にするだけで食費はかなり抑えることができます。

また、買い物をする際は1週間分の献立を先に決めた上でそれに使うものだけを買うようにするといいでしょう。前もって用意をしておくことで無駄遣いを避けることにもつながります。

忙しくて時間的に余裕がなくなりそうだという時は、余裕が有る時を見計らって作りおきをして冷凍や冷蔵保存を活用しておくというのもいいでしょう。

常に自分ですべての食事を自炊するのだという気持ちでいればきっとそれだけでも大幅に下げることができるようになります。食費の見直しというのは自炊をすることが基本です。コンビニや外食を続けたままだとやりにくいでしょう。